SDIS® 行動面接システム

The Skill Dimension Interview System
[商標登録第6193033号]



採用を変え、組織を変える!

人材の能力・資質を評価し選考する仕組みを確立

少子高齢化・労働人口の減少・働き方改革が進むなか、多くの企業では人材不足や人材獲得競争が激化する傾向にあり、能力が高い「いい人材」をいかにして採用するかが切実な課題となっています。

人材採用に関する課題

● 優秀な人がなかなか来ない
● 選考離脱や内定辞退がある
● 自社の経営理念・価値観・社風とマッチしているかどうか分からない
● 応募者の志向性(仕事で重要視すること)を見極められない
● 面接官によって採用基準がまちまち、または曖昧
● 面接で何を訊くのかが統一されていない
● 印象や主観で選考する傾向が強い
● 選考する際には、職務経験・専門スキルや学歴を重要視している
● 採用を急ぐため、ハードルを下げてでも採用することがある
● 入社後の短期間で期待する仕事ぶりが発揮されない。

SDIS® とは

SDIS® とは、組織が求める人物像を明らかにし、職務の遂行に必要な能力要件や資質を備えているかどうかを、面接時の質問によって引き出していく手法です。
この手法は、臨床心理学における人材アセスメント(心理査定)のアプローチを採用面接に応用したものであり、「過去の経験や行動は未来の行動を予測することができる」という考え方に基づいています。
さらに、このプログラムでは、面接が応募者にとっても有意義な場として機能し、会社に対して好意的な印象を持ってもらえる面接手順についても習得できる内容となっています。

効果

プログラム参加直後に実践することができ、効果が得られます!

● 自社が求める人材に必要な能力要件や資質が明確になる(採用基準の明確化)
● どのような能力要件や資質を持った人材が「いい人材」なのかが明確になる
● 過去の行動事例にフォーカスした質問スキルを習得できる
● 組織的な面接方法や手順と科学的な選考プロセスを習得できる
● 採用面接だけに留まらず、社員育成にも応用することができる

プログラムの構成

● 採用基準の明確化
● 人材採用における課題
● 行動面接の概要
● スキル・ディメンション
● STARコンセプト
● 行動質問の手法
● 面接実習
● 個人評定
● データ統合会議

※標準プログラムは2日間ですが、課題に合わせて研修日数や研修方法をカスタマイズします。
※使用教材:「テキストブック」「DVD」「SDISシート」「質問例集」「事例演習用教材」
※社内インストラクターによる研修の内製化も承ります。

参加対象者

 
● 採用面接担当者
● 人事担当者
● マネージャー層
● 経営幹部
● 経営者

※同一部門、または1社につき複数名で参加ください。

参加者の声

● これまで自分がしていた面接では、能力や資質を見極めることができないと知った
● 採用基準がまだまだ明確になっていないと思い知った
● SDISでは質問の種類と精度がまるで違う。採用面接がしっくりいっていなかった理由がわかった
● 採用のみならず、SDISは入社後の育成にも役立てられると感じた
● 多くの目で応募者を判断するため、自身が気づかなかったところに気づくことができた
● 現状の面接の実効性の低さに愕然としました
● 応募者の実態、能力や資質を見極める最適な手法を学びました。すぐに実践できます
● 採用基準や面接は、会社のブランディング化につながると思いました。